定期的に検診を受けて重病を予防する【脊柱を復活させて快適ライフ】
このエントリーをはてなブックマークに追加

Internal medicine

腎臓は対策で変わる

腎不全と人工透析について

腎臓とは、背中側の腰のあたりにある左右一個ずつある臓器です。腎臓の働きは、尿を作り出す、血圧を調整する、赤血球を作るなどがあります。 この腎臓の働きが悪くなってしまうと腎不全という病気になってしまことがあるのです。腎不全になると、尿の異常や高血圧、むくみといった症状が表われてきます。 急性腎不全と徐々に機能が低下してくる慢性腎不全があります。 慢性の場合は、これといった症状がないためにある程度まで機能が低下してから病気に気がつくことなります。 腎臓の働きが全く機能しなくなってしまうと、人工透析をすることになります。または、腎移植という選択をすることになってしまうのです。 腎不全になって放置していると、尿毒症などの症状が出てくるので早めに病院に行くことが大切となってきます。

病気に向き合い生活を見直すために

腎臓の働きが弱まってくるとその機能がだんだん衰え、最後には腎不全になってしまう場合があります。 腎不全と診断された場合には、人工透析という選択をすることになります。 人工透析をすることになると一週間に3回くらいは病院に行き、体の血液を体内から取り出し浄化させてからまた体に戻すという治療をしなくてはならなくなります。 一回の人工透析が約4時間くらいとなるため、人によっては苦痛と感じる場合があるかもしれません。 しかし、人工透析をしなければ体内で血液を浄化することができないために死亡してしまうのです。病気であることを一人で抱え込まずに医師や看護師に相談することも大切となります。 人工透析をしていれば、日常の生活をずっと送っていくことができるのです。